三連符がずーーーーっと続く楽譜ってありますよね。

Sibelius ではご存知の通り、ひとつの八分音符を入力した後にCtrl (Mac はCommand) + 3ですが、
3連符が続く場合、毎回この作業が必要になります。
左手がつりそうです笑

これはSibelius 7 になったときに搭載された新機能ですが、
「3連符連続入力機能」

これがとても便利なのでご紹介します。

連符連続入力の方法

まずは通常通り、連符の基礎となる音符を入力します。

Ctrl + 3、MacはCommand + 3 を押します。数字の3はテンキーでは無いメインキーボードの3です。

これで3連符モードになりましたが、ここでショートカットのAlt + Shift + K (MacはOption + Shift + K) を押します。上に3という文字が出てきました。

これで3連符連続入力モードです。音符入力モードを解除しない限り、ずっと3連符を入力できます。

連続入力モードを終了したい場合は、再度Alt + Shift + K (MacはOption + Shift + K) を押します。

3の文字が消え、通常の音符入力モードに戻りました。

是非ご活用ください☆

関連記事

投稿タグ: , ,