今回は、Sibelius で休符の長さを分ける方法をご紹介します。

休符は例えば4分休符二つでも、2分休符ひとつでも休符のながさとしては変わらないのですが、楽譜のもたらす意味や雰囲気は全く違うものになります。

通常は拍子などの意味も考えてSibelius では最適な休符の長さを選択するのですが、MIDIファイルからデータを読み込んだ場合、後から拍子を変更したり、パッセージのコピー&ペーストをした場合…などは古い情報が残ってしまい、休符の長さが最適でない場合があります。

そんな場合には以下の方法で修正しましょう。

ひとつずつ休符を分割する方法

まずは一番ベーシックな方法です。
例えば、一箇所2分休符になっているところを、4分休符+4分休符に変えたい場合。

これはとても簡単です。

今ある2分休符を選択して、(音符入力モードになっている場合はEscを押してから!)

テンキーの4分音符を押す。

はい!これだけで休符を分割することができました!

プラグインを使って付点4分休符を分割

休符を分割したい…と思う場面のひとつに、こんな楽譜があります。

そうなんです。休符の長さは正しいのですが、ここは付点4分休符ではなくて、4分休符と8分休符を書きたいのです。

楽曲全部に渡ってひとつずつ直していくのは大変ですが、こんなときに便利なプラグインがあります。
まずは休符の長さを調整したいパッセージを選択します。複数小節を一度に選択しても大丈夫です。

[音符入力] > [プラグイン] > [付点4分休符の分割] をクリック。

それだけ!!簡単です。

 

関連記事

投稿タグ: , , ,