NotePerformer-BoxShot
今回はSibelius 専用のオーケストラ音源、NotePerformer For Sibelius をインストールしてみよう!ということで、 導入レポートです。

製品を購入

まずは製品購入。クリプトンフューチャーメディアさんのWebサイトで購入しました。 日本語ガイドとサポートがついているそうです。 これはダウンロード製品なので、モノ(DVDなど)は届きません。 np1

購入完了

製品の購入が終わると、アクティベーションコードが書かれているメールが届きました! Wallander Instruments社の製品で「WIVI製品」って略すんですね。うぃーヴぃー?

np2

製品をアクティベート

メールに書かれている、Wallander Instruments社 製品の登録ページへアクセス。 日本語をクリック

メールに書いてあったアクティベーションコードと自分のメールアドレスを入力、[続行] をクリック

製品の登録とダウンロード という画面が表示されるので、情報を入力していきます。

※画面は日本語ですが、全部アルファベットで入力する必要があるそうです。入力の方法はアクティベーションコードが書いてあったメールにガイドPDFのリンクがあるので、それを参考にしましょう。

np3
次へ進むと今入力した情報と製品名が出ているので、確認。問題なければ[同意する] をクリック。

np4

ダウンロードリンクのページが表示されました!Windows とMac 用両方のインストーラーをダウンロードできます。

np5

ちなみにここにある説明によれば、ダウンロードリンクは72時間という制限時間があって、それを過ぎてしまうとダウンロードできなくなるようなので、「あとで・・・・」と言わずに今とりあえずダウンロードしておくのが良いようです。

ダウンロードしたインストーラーは、CD、DVD、USBメモリなどにバックアップも取っておくと安全ですね。

いよいよインストール(Mac)

さぁインストーラーをダウンロードしたらインストーラーを実行しましょう。アイコンをダブルクリック。
(インストーラーに名前が入ってます。)
20140707

[続ける]
20140707-2

[Continue]
20140707-3

[インストール]
20140707-6

インストール中
20140707-7

インストール完了![閉じる]をクリック
20140707-8

Sibelius での設定へ進む

いよいよインストール(Windows)

さぁインストーラーをダウンロードしたらインストーラーを実行しましょう。
(インストーラーに名前が入ってます。)
np6

発行元が確認できません~というようなメッセージが表示されましたが、進めて大丈夫だと思います。

[I Agree] をクリック。
jupiter

[Install] をクリック。(インストール場所を変えたい場合はBrowse…で変更できると思います。

インストール中

[Next] を押せるようになったらクリック

[Finish] をクリック

インストール完了です!

Sibelius での設定

Sibelius を起動してスコアを開く
jupiter

[再生] > [設定] で[NotePerformer]が表示されているのでこれをクリック
20140707-9

おぉぉぉ!なんだか画面が下の方に表示されました。どうやら音色をロードしているようです。
noteprformer-1

しばらく待つとこの画面が消えます。再生してみましょう。

無事NotePerformerの音が鳴りました!
あとは何も考えることなく普段どおりにスコアを操作していればOKです。
簡単ですね♪

少し動かしてみた感想は、「動作が軽い!!!」です。
また次回実際の使用感をレポートしたいと思います。

NotePerformer-BoxShot

NotePerformer 使用感レポート

関連記事

投稿タグ: , ,