音符には前回勉強した「ドレミ」などの音符の名前の他に、4分音符8分音符などの音符の種類があります。
これは音符の長さを表しています。 音をどのぐらいの時間延ばしているかという目印ですね。

一般的には「音価 (おんか)」と呼ばれています。

音価がわかるようになると、世界中の音楽のリズムがわかるようになるので、一緒に勉強してみましょう!

代表的な音符 4分音符・8分音符

音符…と言われるとまずイメージするのは
onpu

こういう形の音符ですよね。

特に♪は「おたまじゃくし」などと呼ばれる事がありますが、実はこれらの音符には名前があります。
onka

それぞれ、
4分音符: 「しぶおんぷ
8分音符: 「はちぶおんぷ
と読みます。 「しぶおんぷ」ではないので注意しましょう。

音符の長さの種類

音符には様々な長さの種類があります。

以下の図を見てみましょう。
onka1

一番上にあるのがすべての音符の基礎となる、一番長い全音符(ぜんおんぷ)です。その全音符を主として、そこから音符の長さを2分割していきます。

全音符が1だとすると、その半分が2分音符(にぶおんぷ)、2分音符の半分が4分音符(しぶおんぷ)。つまり、4分音符は全音符の4分の1ということになります。
onka2

さらに8分音符(はちぶおんぷ)は4分音符の半分、16分音符(じゅうろくぶおんぷ)は8分音符の半分です。
onka3

そして32分音符(さんじゅうにぶおんぷ)は16分音符の半分です。全音符から見ると32分の1の長さですね!
onka4

音符の構造と名称

上記の図を見ていてなんとなくお気づきかもしれませんが、音符によって黒丸と白丸で色が違ったり、曲線の数が増えていきますよね。

これらはそれぞれ名称が付いているのでご紹介します。

onka5

これは8分音符の例ですが、それぞれ、

  • 符頭 (たま)
  • 符幹 (さお)
  • 符尾 (はた)

と呼ばれています。

符頭はどの音符にもありますが、全音符は白玉、4分音符よりも細かい音符は黒玉で書かれます。
onka6
※ 全音符と2分音符の白玉は、実は少しだけ書き方が違います。

符幹は全音符以外の音符につきます。
onka7

符尾は8音符よりも短い音符の場合につきます。符尾は8分音符の時は1本ですが、16分音符は2本、32分音符は3本、、、、、と音符が短くなるにつれてどこまでも増えていきます。
onka8

音符を見分けるコツは、符玉の色と符尾の有無、その数が決め手になってきます。 しっかりと区別できるようになると、スイスイ楽譜を読めるようになりますよ。

符尾はまとめることができる

8分音符以下の符尾がつく音符が続く場合は、それぞれの符尾を連桁 (れんこう) というものでつなぐことができます。

例えば、これは8分音符が2つつながった音符のことです。
onka9

それぞれの音符についていた符尾(旗)がつながって、横の一本線になった形です。

16分音符が2つつながると、以下のようになります。
onka10

16分音符の符尾(旗)は2本なので、横線も2本になりましたね。符尾(旗)の数に応じて、横線もどんどん増えて行きます。

32分音符をつなげるとこのような形になります。
onka12

では8分音符と16分音符をつなげるとどうなるでしょうか?
実は、あまり8分音符1個と16分音符1個をつなげることはありませんが、8分音符1個と16分音符2個をつなげることはよくあります。

こんな感じになります。
onka11

8分音符の所は横線が1本、16分音符の所は横線が2本ですね。

楽譜は分かりやすさが大事

さて、連桁のつなげ方が分かったところで、下の図を見てみましょう。

書いてある音符はわかりますが、旗が多くてなんとなくごちゃごちゃしていますね。
onka14

では次はどうでしょうか?
onka13

なんとなくスッキリしていて読みやすいですね!実は、この2つの楽譜は実際に演奏してみるとリズムは全く同じものなのです!

あなたが奏者だったらどちらの楽譜を見たいですか?
はい、おそらく大多数の方が後者ですよね。

演奏者にとって見やすさというのは演奏のクオリティを上げるうえでもとても重要なことです。
初心者の方はもちろんわかりやすい方がいいですし、 プロのオーケストラになると、200ページ近くある楽譜を読むこともあったり、スタジオミュージシャンなどは、録音日に楽譜をもらうこともあるので、すぐに読む事ができて分かりやすい音符というのは非常に重要です。
そういった意味でもしっかりと音符がまとめてある楽譜をもらいたいものです。

必ずではありませんが、楽譜を読みやすいように、8分音符以下の音符は4分音符単位でまとめることが多いので、覚えておきましょう。

関連記事

投稿タグ: