こんにちは!リガラボです。 楽譜作成ソフトを日々ご紹介しているリガラボですが、 「楽譜を読んで楽器を演奏してみたいけど、小学校で習っただけで、楽譜の読み方がいまいち分からない・・・」 「なんとなく読めるけれど、細かいところに自信が無い・・・」 そんな方々のお声を頂戴しましたので、この度「楽譜の読み方特集」と題しまして、基本的な楽譜の読み方をご紹介していきたいと思います! 初回の今回は、「音の名前と音部記号」についてご紹介します♪

ドレミファソ – 音名(おんめい)の読み方

ドレミ・・・と聞くと、『サウンド・オブ・ミュージック』の中で歌われる『ドレミの歌』を思い出す方も多いのではないでしょうか。音符の名前は7種類で、 「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」

です。この名前自体は馴染みがある方も多いかもしれないですね! この読み方は日本でも広く一般的に使われている名称なので、是非7つ覚えてみましょう。 onmei

図に早速楽譜が出てきましたね! 楽譜に音符をどうやって書くか・・・というところは今後詳しく説明していきますので、なんとなくこんな感じか~と見ておいてください。 また、実はドレミはイタリア音名と呼ばれる名称で、他にドイツ音名や日本音名なども存在します。今のところ覚えなくても大丈夫ですが、今後の説明で分からなくなったときは上記の図を参照してくださいね! それではまず楽譜の基本、「五線譜」から見て行きましょう。

5本の線の五線譜

一般的な楽譜は、5本の平行線(横線) とその線の間を利用して、音の高さ低さを示しています。五線譜(ごせんふ)といいます。 一応それぞれの線には呼び名があって、 gosen

とこのようになっているのですが、実はこの呼び名はほとんど利用することはありませんので、今のところ覚える必要はないと思います。すぐに、「どこの線の上の音は・・・」ではなくて、「そのソの音は・・・」と音名で呼べるようになります! さて、この五本の平行線と加線を利用して、音符を書いて、音の高さを示すことになるのですが、「どこにどの高さの音を書くのか」、を決めておかないと、見る人、演奏する人によって読み方がまちまちになってしまいますね。 そこで重要になってくるのが、音部記号です!

音符の高さの目印、音部記号

音部記号(おんぶきごう) とは、五線譜に音の高さの基準を示すための記号のことです。「ト音記号」や「ヘ音記号」が良く使われます。聞いたことあるかもしれませんね?

toonkigou

ト音記号を書きはじめる位置(第二線) の音が、ソの音を示しています。これは前章でも説明しましたが、日本語音名のト音となります。そのため、「ト音記号」と呼ばれています。 ちなみにソはドイツ音名ではGですね。実はこのト音記号は “G” が変形して現在のこのような形をした記号になったと言われています。 そして、このト音記号が記された譜表は「高音部譜表」(こうおんぶふひょう)と呼ばれ、高音域の音を示すのに使用されます。

heonkigou

こちらはヘ音記号です。ト音記号と同様に、ヘ音記号を書きはじめる位置(第四線) の音がファの音を示しています。これは日本語音名のへ音となりますので、「へ音記号」と呼ばれています。ドイツ音名ではFとなるこの「へ音記号」も”F“が変形したと言われています。 そう言われると、ト音記号はG 、ヘ音記号はF に、なんとなーく似ていますよね。 gandf

そして、このへ音記号が記された譜表は「低音部譜表」(ていおんぶふひょう) と呼ばれ、低音域の音を示すのに使用されます。

五線譜で書かれた音は、ピアノではどこの音?

では、先ほどのヘ音記号ファの音からト音記号の音が、実際のピアノではどの位置の音になるか、説明しましょう。 まず、ヘ音記号のファの音から、ト音記号のソの音までを並べて五線譜に書くと、それぞれ鍵盤の位置は以下のようになります。

onpu_piano

ヘ音記号の高いドと、ト音記号の下のドに注目してみましょう。 下記の五線譜と鍵盤の図を見てください。実は、この2つのドは、音は全く同じ高さになるのです! centerdo

ピアノにはたくさんドがある

先ほどはヘ音記号のファからト音記号のソまでをご紹介しましたが、ピアノの鍵盤はもっとたくさん、具体的には88個鍵盤があります(88鍵と呼びます)。 音の名前はドレミファソラシの7種類のみですので、ドレミファソラシまで終わったら、またドレミファソラシと連続して呼び名が付いています。ドレミファソラシを1セットに、1オクターブ上のド、と呼ばれます。 octave

先ほどの

  • ト音記号の下加線第一線のド(通称でト音記号の下のドといいます)
  • ヘ音記号の上加線第一線のド(通称でヘ音記号の上のドといいます)

がピアノの中央のドを示しますので、これも覚えておきましょう。 ちなみに、鍵盤上には “” の音がいくつも存在しますね。 呼び名的にはその高さの区別はできないのですが、プログラミングなどの世界では、ドが “どの高さのドなのか” という区別をつけるために、ドの音の英語音名Cに、鍵盤位置の数字”4″を付け加えて以下のようにオクターブ表記することがあります。一般的にはピアノ鍵盤の中央のドが「C4」になります。これは特にコンピュータミュージック(DTM)を始めようと考えている方は、覚えておきましょう。 piano

関連記事

投稿タグ: ,