dots

初めてSibelius を使う方は、ちょっと見つけにくいかもしれない付点や複付点の書き方をご紹介します。

普通の付点

まずは普通の付点の付け方のおさらいです。
音符を書くときに音符の長さを選択しますが、その時に右下にある点に注目です。
keypad_060915_054508_PM

そう、これが付点です!!これをオンにしてから音符を書けば、付点の完成です。
付点

複付点と複々付点(3連付点)の付け方

普通の付点が付けられるようになった所で、点が二つ付く複付点と複々付点を入力してみましょう。
基本的なやり方は普通の付点と同じです。

まずは音符の長さを選び、テンキーの第2レイアウトをクリックし、
2ndkeypad_060915_055021_PM

複付点と複々付点ありましたね!これをクリックしてから音符を作成します。
doubledots_060915_055153_PM

分かると簡単ですね。是非ご活用ください。

関連記事

投稿タグ: , ,