20150602_mark_060215_064426_PM

リハーサルマークの書き方

Sibelius でリハーサルマークを書くのは、とても簡単です。
まずはリハーサルマークを書きたい小節線を選びます。この時、必ず小節「線」を選ぶようにすると、スムーズに作成できます。
20150602011_060215_065146_PM

キーボードでctrl + R、Macの場合はCommand + R を押します。
201506020102_060215_065253_PM

なんとこれだけ!なのです。
次の場所を選んでctrl + R (Command + R)を押すと、
201506020103_060215_065403_PM

なんと続きの記号を入力してくれる親切設計!
201506020104_060215_065441_PM

先頭にリハーサルマークを書きたい場合

先頭の小節にリハーサルマークを書きたい場合、1パートの譜面だと先頭の小節線が表示されませんよね。そんなときには、ここをクリックして作成します。
201506020100_060215_065610_PM

関連記事

投稿タグ: ,